【ダイワ】スティーズ SC 6111M】MHRB [ ファイアウルフ ] [大型便]:フィッシングマックス - 600b0

2019-08-13
カテゴリトップ > フィッシング(釣具) > ロッド(竿) > バスロッド
【ダイワ】スティーズ SC 6111M】MHRB [ ファイアウルフ ] [大型便]「自分が求めたのは『陸っぱり1タックル化』。1本で幅広いルアーを使いたい」

ショアコンペティター・川村光大郎が求めたのは、陸っぱりにおいて機動力を最大限に生かすべくタックルを制限することだった。ベイトフィネスからビッグベイトの領域まで、幅広い対応力を見せるSVリールが存在する今、「もはやロッドは2本を必要としない。1本で十分」と過激なまでの発言。究極のバーサタイル性能を1本のロッドに注ぎ込んだのがこのモデルだ。2016年、川村入魂のショアコンペティションシリーズがいよいよ産声をあげる。

かつて川村が溺愛していたバーサタイルモデルと言えばブラックレーベルBL-PF701MFBが挙げられる。撃ちに巻きにと、陸っぱりで使用頻度の高いルアーのほぼ全てを網羅する秀作モデル。しかし、BL-PFといえば、元々は撃ち物を主力としたモデルで、巻き物では限界点が早々に訪れる。特に、乗りを重視するクランクベイトでは飽くまでも代用の域を超えることはなく、主軸はやはりワームおよびワイヤーベイトだったのは事実だ。

「現在のダイワバスロッドの最高峰素材で、妥協なく一から理想を追求したらどうなるのか。単純にそこにも興味があった。」

仕上がったのは前述モデルとはまたひと味異なるテーパーだった。より軽く高反発なSVFナノプラスを採用して、より深く曲がるレギュラーテーパーへと変貌。通常なら巻物系のロッドになりがちなテーパーだが、掛け感も同時に身に付けることに成功。ブランク全体に若干の張りをもたせることで曲がりながらも掛け感を追求したのだ。この発想は川村のもう1つの愛機、STEEZウェアウルフ661MFB-SVの設計思想からインスパイア。SVFナノプラスを採用することで、軽量かつ高感度を身に付け繊細なティップを搭載する事で、通常のルアーはもちろんベイトフィネスへの対応力を向上させていったのだ。 「これまでにない竿。軽いのにピーキーじゃない。軽くて高感度で曲げていくと粘りがある。」  相反する要素を絶妙にミックスしたバーサタイルの極み。ショアコンペティションの中核を成すのがこの1本だ。

全長
ft.
(m)
継数
(本)
自重
(g)
先径/元径
(mm)
ルアー重量 ライン カーボン
含有率
(%)
(g) (oz.) ナイロン
(lb.)
フロロ
(lb.)
6'11”
(2.11)
1 112 1.8 (1.7)/12.8 3.5-28 1/8-
1
- 8-20 100
※先径は竿先から最も近く、部品・糸巻きのついていない外径、( )内は素材先端部の外径です。
熱狂バスアングラーに贈るバスロッドの集大成 −スティーズ−
価格
53,136円 (税込) 送料別
4〜7営業日で出荷
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 大型宅配便